iphoneは、世界を相手にしたグローバルな展開をしている事もあり、世界中のさまざまなメーカーから数え切れないほどのアクセサリー商品が販売されています。その中でも、iphoneケースは、数百円で購入できるリーズナブルな製品から、各種の安全基準を満たした性能を重視した商品や、一流ブランドが手がけた高級品まで多岐にわたり、iphone本体の購入後にユーザーが、どれにしようか迷ってしまう要素のひとつです。多くの場合、一度購入して装着すれば、滅多な事では変更する事が無い物なので、出来る事なら、そのデバイスを使い続ける限りは、ケースも同じように使い続けたいところです。今回は、そんな悩みを解決するヒントとして、失敗しないiphoneケース選びについて考えてみます。

安かろう悪かろうとは限りませんが

世の中に安くても品質の良いものは存在しますが、スマートフォンのケースに限って考えると、厳しいものがあります。サイズが微妙に違っているのが原因で、緩かったり、きつかったりして、ケースが外れやすかったり、デバイスに負荷がかかることがあります。これらは、非公式に製作されているために、採寸をしたり、成型のための形を作る段階から誤差があるためです。加工が悪い製品も多く、特に手に触れる箇所に、いわゆるバリがあれば、常に気になってしまい、最悪です。価格がリーズナブルなのには、それ相応の理由があるのです。敢えて、安い製品を選ぶ理由を挙げると、それは運用方法になります。破損があった場合、飽きてしまって他のデザインの物が欲しくなった時、価格が安価ならば、躊躇無く買い替えが出来ます。

やはり純正や公式ライセンス製品が安心

iPhoneをはじめとするAppleのアクセサリー商品には、純正品に加えて、公式ライセンス製品の「Made For iphone、ipad、ipod」の略であるMFi認証製品があります。これらの製品を製造する資格を持つ認証されたメーカーは、Appleから直接、企業秘密である設計図や、iphoneの製造工程で発生する僅かな誤差と言った情報を得る事が出来るため、もちろんサイズはピッタリです。また、Appleでは、ケースガイドラインが設けられており、中のデバイスを守るための厳格な基準があります。単に衝撃や落下から守られるだけではなく、画面の側から置いても、サイドフレームの縁に厚みがあり、画面が直接接地しないような設計になっている等、厳しい基準をクリアしたものです。これだけのメリットを鑑みれば、失敗しないiphoneケース選びは、純正品やMFi認証製品が、価格の面を考慮したとしても、大きくリードしています。